浦河福祉施設現場

浦河の山の中の老人介護施設のプロジェクトです。

目の前には、「これぞ北海道」というような景色が広がっています。

もともと小学校だった建物を改修しているため、こんなプレートが残っています。

奥の吹き抜けは下地がまだ見えています

左奥には黒板も…笑

壁は左官です。

と言いたいところですが、実はこれ、左官調のビニルクロスです。

落ち着いた明るさの部屋を左官で仕上げると、風情のある雰囲気が出ます。

予算の都合がつけば、仕上げに左官を検討するのも良いかもしれません。

10月上旬には完成の予定です。

中旬には入居者が入り始め、子供のための建物だったものが、老人のための建物として稼働し始めます。

建築が息を吹き返すというのは、設計者としてとても嬉しいことです。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です