屋根検討用模型

現在H邸のプロジェクトの平面図が大まかに決まってきたので、屋根の模型を作っています。

東西に延びる中廊下にハイサイドライト(高いところにある窓)を付けようと思っています。

お施主さんの要望により、寄棟をベースにして検討しています

A案

トップライト(天窓)は雨漏り等の可能性があるので、他の形で光を取り入れることも考える。

ハイサイドライトをとるために陸屋根をつけるデザインで考える。

2案
1案では十分な光が取れないので、陸屋根の幅を広げて、窓を大きくとる。 CGでの内観の検討もいい感じになってきた。。。

3案
施工のし易さ等から、2案の屋根の形を変え、寄棟の前の屋根が突き出た形を考える。

施工は一番しやすいと思うが、寄棟の軒先が揃っているデザインが崩れ、あまり気に入らない。 保留。。。

4案

前の屋根の勾配だけ緩くしたもの。

今までの中ではデザインとしては一番モダンでスタイリッシュな感じがするが、屋根と屋根の交わる部分が綺麗にならないと思い保留。

他にも10個以上の屋根模型で検討しています。

近いうちに、担当していただく工務店さんとも協議し、決定していく予定です。

屋根は建物の全体の形を決める大きな要素であるため、屋根の検討には時間をかけるようにしています。

本州と比べて北海道は積雪もあるため、重点的に雨漏りや落雪の検討を考えるようにしています。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です