稲穂の家(写真準備中)


竣工年/2019年

用途/個人住宅

所在地/北海道幕別町

床面積/138㎡

構造/木造二階建て

給気/アースチューブ給気(地熱利用)

暖房/床下エアコン・薪ストーブ

施工/紺野建設株式会社

設計担当/安田明雄.安田琢朗 

 

若い農家夫婦のための住宅として計画した。

冬場、家の中で団らんする時間が長いであろうクライアントのため、場所ごとに天井高さや仕上げ、明るさ、広さがまったく違うような設計をした。

大きな窓のあるリビングからは、夏には作物が青々と茂る畑が一望でき、冬には足跡ひとつない真っ白な雪景色を独り占めできる。

その横には手を伸ばせば天井に手が届くほどの、落ち着いた薪ストーブスペースがあったり、天窓から光が落ちてくる吹き抜けをもつ廊下がある

天窓から見える青空を見ながら階段をのぼると、屋根に包まれたようなサブリビングがある。

一方で、寝室には座ったときの目の高さくらいに横長の窓を設け、光がしぼられ一人で落ち着ける場所になっている。


-追記-

 

農家は夏と冬で室内の動線が変わってくるため、また子供たちが走り回って遊べるように、複数の回遊動線(行き止まりのなく、ぐるっとまわれる平面)があるプランとした。

外気を地熱で暖めてから室内に流入し(アースチューブ給気)、その空気を床下で壁付けエアコンを使い暖め、各室に床下を通して送る「床下エアコン暖房」としている。

また、南からの日射が室内で広がるようになっているので、東西に窓をほぼつけなくてよい。

そのため夏場はほぼ直射日光が室内に入らず、冷房を使わずに済むような設計である。