迫害されたアイヌのためのピソプラクタ -確立音楽を用いた設計-

Date 2017/01

Type 公共空間

Locate 北海道

Floor space 50,000㎡

Project 建築実験

 

Concept

「音楽と建築」の関係について建築的に新しい解釈をしたいと考え、確立音楽という特殊なジャンルに属する音楽を設計手法の中に用いることで、革新的な建築を作ることを試みた実験的建築である。

このことにより、建築が作り出す陰影が「時間の流れ」というかたちのないものを空間に取り込むことに成功した。

この建築は確立音楽という音楽の要素を用いて作られた「音空間」である。

 

 

卒業設計講評 優秀賞

せんだいデザインリーグ2017 30選

福岡デザインレビュー2017 75選