2つの方形屋根の家(計画案)


竣工年/2018年

用途/個人住宅(プロジェクト)

所在地/-

床面積/-

構造/木造平屋建て

施工/-

設計担当/安田明雄.安田琢朗 

 

数寄屋からインスピレーションを受けた住宅。

二つの正方形が角で交わるような平面構成は、ほとんど日光が当たらない北側面の部屋が減り、安定して採光を確保することができる。

 

また、回遊性のある動線(行きどまらずくるくる回ることが出来る状態)が複数あるような設計は、家事等がしやすくなるという利点の他にも、空間の豊かさ、広がりにもプラスの影響を与えた。