Q&A


Q.設計事務所の業務内容について。


A.設計事務所と聞いて、何をする業種なのかイメージが湧きにくい人が多いかと思います。

 

 設計事務所の主な業務内容は

 ・住宅や施設を建築する上で必要な「設計図書(※)」を製作します。

 ・建物を建てる上で、様々なルール(建築基準法)を守って設計をし、役所等に建設する許可申請(確認申請)を行います。

 ・工事が始まると「設計図書」の内容通りに設計されているか(手抜き工事が無いか)の確認

 

 一方で、施工や現場管理は設計事務所が行わず、「施工者」が行います。

 

 ※設計図書ー平面図、立面図、断面図、展開図、矩計図、仕上表、構造図、電気図、設備図その他適宜必要図面

 

 

 

 

 

 

Q.相談するにあたって何か準備しておく必要はありますか?


A.敷地が決まっている場合は、その資料等をご準備下さい。
 プランの作成時には、家づくりについて考えていること、趣味やライフスタイル等についてお聞かせ下さい。
 何気ない会話が私たちの設計のイメージにつながります。

 

 

 

 

 

 

Q.店舗やリフォーム、大型施設等の設計もお願いできますか?


A.対応させていただきます。

 住宅に限らず屋根裏のリフォームのような小さなものから、店舗デザイン、大型施設まで200件以上の

 設計の実績があります。
 小さなものから大きなものまで何でもご相談下さい。 

 

 

 

 

 

 

Q.土地が決まっていない場合はどうすれば良いでしょうか。

 

A.購入前にご連絡頂ければ敷地選びに同行いたします。

 予算や法規等を踏まえ、設計者の視点からアドバイスをさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

Q.遠方でも設計してもらえますか?

 

A.場所を問わず設計いたします。

 ただ、直接会って話すことでしか共有できないことも多々あるため、遠方の方はメール、テレビ通話以外にも

 定期的に実際に会って打ち合わせをさせて頂いております。

 そのため、北海道外になると場合により一部交通費の負担をお願いしております。

 

 

 

 

 

 

Q.設計料を教えてください。

 

A.「設計料について」をご覧ください。

 一般的に設計事務所の設計料はあいまいですが、

 当事務所は設計料を明確にするため、実際の業務量にもとづいた独自の算定式を作成しております。

 

 

 

 

 

 

 

Q.外構デザイン等はどうすれば良いのでしょうか

 

A.一般的に家具をはじめ外構(塀や植栽)も建築と一体として考えます。

 それぞれの建物や店舗に似合った外構計画を設計の中に取り入れ、周辺環境になじみ、季節を感じる事の出来る外構計画を考えていきます。

 

 

 

 

 

 

Q.税制優遇を受けることはできますか?

 

A.計画物件に合わせ、長期優良住宅、フラット35など、お施主様のご予算に合わせ、ご相談、対応可能です。