Kanri ni tsuite

 

設計事務所としての仕事は設計の他に監理があります。



監理とは、実際の工事を設計図書と照合し、それが設計図書通りに実施されているかいないかを確認し、
なされていない場合は建て主に代わってやり直しを指示することを言います。


ハウスメーカーや工務店で家を建てる場合は、社内の人間を監理者に充てることが一般的です。
ただ、そうすると、工事をする人と監理をする人がともに同一組織(同じ立場)の人間となり、客観的で適切な監理が行われない可能性が生じます。


設計事務所に依頼する場合、監理業務は設計事務所が行うために、ハウスメーカーや工務店のような身内監理とは異なり、
あくまでも、建て主の立場で厳しい目をもって監理することができるためミスや手抜き工事を事前に防ぐ可能性が高まります