スタディ模型 アトリエ兼住宅

 

 

かれこれ2年前くらいから話があったプロジェクトです。

 

 

住宅街が敷地のプロジェクトは久しぶりですが、B2くらいのサイズの敷地模型を作っています。

 

 

 

 

周辺住宅の模型があった方がボリュームや開口の検討がしやすいので毎回作るようにしていますが、

 

 

模型を作って考えるだけで、自然と建物の位置やボリュームなどといった大枠が決まってきます。

 

 

スタディ模型1 W邸

 

 

規模の大きな住宅プロジェクトです。

 

 

なかなかまとまりきらないです...

 

 

 

 

考え方を変えてみるかな。。。

竣工 N邸

 

 

いくつか残工事は残っていますが、晴天の中、無事引渡しが終わりました。

 

 

竣工写真を撮るタイミングが引渡し当日の早朝しかなく、日の出から4時間ばかり写真撮影でした。

 

 

写真自体、上士幌の家以降の住宅でしか撮っていないのですが、これから完成していく住宅は撮り続けようと思います。

 

 

 

 

建物が美しく老いていくのを見守りたいと思います。

 

 

 

 

ー追記ー

Works「稲穂の家」更新しました

追い込み N邸

 

 

最後の追い込みです。

 

 

写真多めです。

 

 

続きを読む

もう少し N邸

 

 

玄関まわりは焼杉だと服が黒く汚れる心配があるのでカラマツ貼りです。

 

 

玄関ポーチの屋根部分の先端は浮遊感があって不思議な感じが出てますね。

 

 

N邸の外観で一番大事にしている部分です。

 

 

続きを読む

仕上げ工事が着々と N邸

 

 

仕上げ作業が始まっています。

 

 

外壁のメインは焼杉です。

 

杉を火であぶって炭化させた板材ですが、腐りにくくなったり、独特の雰囲気が出たりしてとてもいい感じです。

 

 

 

ただ、本州で使われているような焼杉をそのまま使うと雪で劣化が激しいらしく、少し特殊な焼杉を使っています。

 

 

経年変化で少し色が落ちれくれば最高だろうな。。。

 

 

 

 

ラワン合板を細く切って仕上げとします。

 

 

これはかなり少ないですが、ラワン合板は色味の違いが大きいので、このような張り方をしています。

 

 

このあと塗装がかかり、引き締まった色になります。

 

 

続きを読む

屋根板金工事 N邸

 

 

屋根の板金工事です。

 

 

 

 

良く使われている防水性の高い屋根材を葺いてもらっているのですが、

 

屋根が見えてくる設計であることと、屋根勾配がきつく雨漏りの心配が少ないので、

 

立平葺にしてもよかったかな?

断熱 N邸

 

 

天井も室内側から断熱をしています。

 

 

今回は検討した末、天井の施工方法がすこし複雑なのです...

 

 

 

続きを読む

窓枠 N邸

 

 

着々と現場が進んでいます。

 

 

どんな空間になってくるか大枠がみえてきました。

 

 

 

 

キッチンからです。

 

 

坪数が大きいわけではないのですが、斜め上へ視線が抜けるので、写真以上に広く感じます。

 

 

続きを読む

上棟 N邸

 

 

あけましておめでとうございます。

 

 

新年早々インフルエンザにかかり、上棟に立ち会えなかった私です。。。

 

 

構造がそのまま室内に表しになる設計のため、金物を見せない工夫などが随所に見られます。