· 

建築士会函館道中 2

 

 

後編です。

 

 

ご厚意で、伊達の藤本壮介氏設計の施設群を見せて頂けることに。。。

 

 

 

 

矩形をずらしながら組み合わせるだけで、多様な空間ができていました。

 

 

上の2つの建物とも、矩形と矩形のあいだにできた隙間を共用スペースとして使っています。

 

 

それが、「交流スペース」としてつくられた「部屋」で休むのではなくて、

 

自分の家と隣の家との間の庭にテーブルとイスを置いて楽しむ、

 

そんなリラックスできるような、開放的な空間が作られているように思いました。

(内観写真は省略)

 

 

 

去年も行った、函館未来大学です。

 

これだけ大きな建築になると、それぞれの大きな要素(柱、梁、手摺)が集まって、面として見えてきます。

 

 

 

 

函館奉行所です。

 

屋根の形がかなり特殊で、建築史に詳しい人に説明してもらいたい。。。

 

 

 

確かに美しいですが、この種の建築は経年で色が濃くなった状態の方が好きです。

 

 

 

 

新撰組のイベント(?)が開催されていました。

 

 

観光資源のある地域は街としても強いですね。

 

 

 

函館の図書館です。

 

 

天窓から取り入れた光が、乳白色のスクリーンを通って、やさしく室内を照らします。

 

影ができないので、本に手の影が映らず、快適に読めるような配慮がありました。

 

 

ということで、とても充実した3日間でした。