どう終わりを迎えるのか

 

 

網走、北見で並行して進んでいる、某商業施設の現場です。

 

 

 

 

 

 

 一方は木造で、もう一方は「DL-e工法」という新工法を使って設計をしました。

 

この「DL-e工法」は軽量鉄骨造に近い構造ですが、ユニット化された大幅に工期を短縮することができるという特徴があります。

工期の短縮が利益と直結してくる商業施設では、大きなメリットとなるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

建築を建てる上では、ランニングコストよりもイニシャルコストの方に重点を置くクライアントの方が多いです。

 

建築は建って終わりではなく、大切にされ、修理してもらい、最後には取り壊す。

 

 

 

それなのに、街中にある取り壊されていない建物達。

 

 

 

簡単なことではないですが、これから作る建築がどうやって使われ、終わりを迎えるか、それを考えるのも大切なことではないでしょうか...